英語科

教科説明

医学部の数学はここが難しい

皆さんはマクローリン展開やメルカトル級数をご存知でしょうか?医学部の入試問題では大学で扱う数学の知識を背景にもつ問題がしばしば出題されます。大学の数学に触れたことのない皆さんの目にはそれらの式はただ数学記号が並んでいるだけに映り、どこからどのように手をつければよいか途方にくれる人も多いでしょう。もちろんそれらの問題は大学での知識がなくても解けるように設計され出題されますが、誘導によって何を気づかせたいのか、を正しくつかむ能力や、高度な知識、経験が必要とされることもます。このような点が他の学部の問題と比べると難しいといわれる所以です。

医学部数学攻略の秘訣

先に述べたような難易度の高い問題については、日頃から単に問題に解答するだけでなく、問題をより高い視点から眺め、その数学的背景を考える習慣をつけることが効果的です。一方で、そのような問題、特殊な知識の必要な問題にばかり気を取られていては足元をすくわれます。いかなる高度な知識も基本的な技法・定石を正確に身につけていなければ使いこなすことができません。まず、基礎知識、基本的な技法を正確に身につけた上で、高度な問題に対しては、それらをどこでどのように適用するのかを考えながら問題を解く習慣をつけましょう。

Topsの数学はここがちがう

その名もオーダーメード個別。一人ひとりに合わせて、進度、レベル、内容を調整します。長年の経験により蓄積したノウハウを生かし、医学部入試に必要な知識・技法を端的に伝授します。基本的な技法は繰り返し習得できるまで演習を繰り返します。数学IAIIBと数学IIIの授業は異なる講師が担当し、その間でディスカッションを絶やさず、生徒の弱点を埋め長所を伸ばせるように協力して指導を行っています。やるべきことが膨大にある受験生が学習を、計画通りコンスタントに継続するためには、他教科とのバランスをとることが非常に重要です。Tops医専数学科講師陣は他教科の担当講師と一人一人の生徒のためだけのチームを組み、最適なバランスとを取りプランをたてて授業を進めて行きます。

年間カリキュラム

前期カリキュラム 標準レベルの問題を集めたテキストを用いて、IAIIBとIIIの知識を一通り習得します。
IA・IIBでは、関数など解析的な問題を扱いながら、平行して計算力も養い、その後図形・論証など思考力を必要とする問題演習を進めて行きます。
数学IIIでは、極限・微分・積分の順序で行い、医学部入試に必要な典型的な技法(漸化式と極限、グラフの概形と面積など)を習得します。
夏期カリキュラム 前期の内容の中で未習熟な内容の復習、弱点の補強、また、テーマ別の特別講座を主に進めます。
テーマ別の特別講座(平面図形、確率、2次曲線など)では、演習授業も取り入れながら基礎の完成と実力錬成を図ります。特に、平面図形・確率はセンター試験で落とせないものです。
後期カリキュラム 発展的な内容を含む問題を集めたテキストを中心に授業を進めます。
各生徒の志望校に合わせて、テキストも変更します。志望校に対して優先順位の高い問題を選抜し、押さえるべき知識を整理します。テキストを完了した後は、過去問演習を開始し、今まで身に付けてきた知識を実際に運用する訓練を行います。
冬期~直前期
カリキュラム
国公立受験者はセンター試験対策、その後2次試験に向けての過去問演習、私立大学受験者は過去問演習を進めます。「数学」単科としては、各単元の得点率を確認しながら、弱点の補強を行い、目標の得点率にまで引き上げます。
この時期は特に、他教科の講師陣と「生徒一人ためだけのチーム会議」を常時行い、残された時間で、総得点を1点でもあげるためにベストなプランを作成し、それに従って授業、演習を進めます。

講師紹介

讃井恭典先生
讃井恭典先生
出身校:京都大学 経済学部
『先ず隗より始めよ』これは、「戦国策」という昔の中国の歴史書に書かれている言葉です。"遠大な計画も手近なところから手をつけよ"という意味です。医学部入試に成功するという遠大な計画を達成するためには、まず、基礎固めという手近なところからコツコツと積み上げていくことが重要です。Topsでは、その基礎の部分から応用までをきちんと積み上げてゆくカリキュラムがあります。是非、一度体験しに来てください。
Profile京大工学部数理工学科入学の後。経済学に興味を持ち、京都大学経済学部を卒業する異色の数学講師。理系の頭脳と文系の思考力を持つスーパー講師。担当はもちろん数学と政治経済。その板書の美しさは国宝級。趣味は読書と剣道。二段の腕を持ちTops一の俊足。いつも若手の講師を集め、酒とともに熱く教育論を語る。『20年以上に渡る講師生活の中で、出会うたくさんの生徒たちが、現在仕事で社会の第一線で活躍していたり、幸せな家庭を築いていたりして、その誰もが、Topsで学んだことを忘れず、大切に思ってくれている。そしてまた、子どもが生まれて、その子どもをTopsに再び通わせてくれる人が多いことが、何よりも自分の誇り』 と語る。
玉島亮先生
玉島亮先生
出身校:九州大学 理学部
医学部入試においては計算力がものをいう。その計算力を支えているのが知識である。 基本的な知識だけでなく、対数螺旋など医学部入試では通常の受験勉強ではあまり知られていない知識もよく出題される。知らなくても解くことはできるが、正答に到達する時間が大きく異なる。医師を目指すものは知識を正確に覚え、素早く使えることを目指して欲しい。それが将来、患者のためになることを知ってほしい。
趣味は読書と数学。休みの日には喫茶店でコーヒーを愛でつつミステリや数学の専門書・啓蒙書を眺める。面白いネタがあったら、受験問題に応用して、解法を常に探求している。現在(2014/7/15)のマイブームは石取りゲーム。京都大学とか出したら面白い。エピジェネティクスやヒッグス粒子、面白そうなネタは特にこだわりなく、とりあえず読んでみる。
大迫忠史先生
大迫忠史先生
出身校:京都工芸繊維大学 工芸科学部 / 同大学院
近年、私立医学部で出題される数学の問題では発想力を必要とする問題というよりかは、計算力を必要とするものが多く見受けられます。突拍子もない発想をする問題ばかりではありません。知識量は必要なものの、発想としては単純なものが多く計算が正確にできれば合格点を取ることは難しくありません。なので、私立医学部を目指す受験生には計算力を身に付けてもらいたいと思います。正確に計算することさえ出来ればいいのです。少しでも受験生の力になりたいと思います。是非授業を受けに来て下さい。
生徒時代を含めるとかれこれ10年以上もこのTopsにお世話になっています。生徒のころは、多くの先生の方に助けていただきました。その経験から私もお世話になった先生のようになりたいと考え、この塾で講師をさせて頂いています。1人でも多くの受験生の支えになり、合格へと導きたいと考えています。そんな私と話をしてみませんか?興味を持っていただければ幸いです。
西浦洋介先生
西浦洋介先生
出身校:同志社大学 工学部 / 同大学院
数学が嫌い、苦手という生徒が多い中、それでも医学部受験に必要になってくるのが、数学です。多くの公式を暗記しなければいけないと思われがちな科目ですが、大切なのは、公式をきちんと整理し、引き出しを1つずつ増やしていくことです。それをしたうえで、標準的な問題を確実に解けるようになることです。数学がなかなか理解できないという生徒も多いとは思いますが、まずは標準問題を何度も繰り返し解き、解法を身につけましょう。そうすれば、後から理解も出来るようになります。
数学はきらい、苦手という人は多いと思います。数式を見ると蕁麻疹が出るという人に出会ったこともあります。数学はたくさんの公式を暗記しなくてはいけないと思われがちですが、大切なのは、標準的な問題を確実に解けるようになること。公式を整理し、引き出しを1つずつ増やしていくこと。それができると、「おっ、おもしろいかも?」と思えたりします。ぼくは、その引き出し作りを徹底的にサポートし、その使い方を伝授します! ちなみにマンガは特に少年マンガが好きです。いつまでも少年の心は忘れない。意外と話しやすい人間ですので、好きなマンガの話もしましょう。
清家二郎先生
清家二郎先生
出身校:東京大学 理Ⅰ・農学部 / 同大学院・信州大学 医学部
たとえ医学部入試のための数学といえども、重要なのはまず「基本」です。私と一緒に基礎、基本をしっかり確立しましょう。そして「継続」です。合格の知らせを受けとるその日まで、「毎日」数学をやること。やるべきことが膨大にある受験生が学習を、計画通りコンスタントに継続するためには、他教科とのバランスをとることが非常に重要です。私たちはチームです。他教科の担当講師とあなたのためだけのチームを組み最適なバランスを取りサポートします。一緒にがんばりましょう!
東大・大学院在籍中に、医学に興味を持ち医学部入試を一念発起。見事国立大学医学部に合格するも卒業後は、現在の日本の教育に強い危機感を持ち、予備校講師の道へ。その後、自身の経験を活かし、医学部を目指す若者を育てるべくTops医専 塾長に就任。どんな時もにこやかに生徒に接し、持ち前の明るさで生徒の気持ちを盛り立て合格まで導く熱さは誰にも負けない。また、生徒の様子を常に気にかけ、家庭との連携を大切にしており、保護者からの信頼も厚い。唯一の弱点はしょっちゅう言っているジョークで、笑いが起こるのはイチローの打率くらい。
内藤有哉先生
内藤有哉先生
出身校:大阪大学 理学部
医学部入試には思考力も大きく関わってきます。特に,国立志望者には思考力を問う問題が出題されがちです。思考力が乏しいと,行き当たりばったりの答案になり,解答へのプロセスも見えず,答えにはなかなか辿りつけませんし,採点外の対象になりやすいです。普段から,「なぜこのような変形をしたのか?」「なぜこのような考え方になるのか?」ということを逐一確認しながら,取り組んでいかないと思考力は身につきません。日々の積み重ねが物を言います。共に頑張っていきましょう!
大学は物理学専攻ですが,実は高校生の間はずっと数学科志望でした。「後4点で数学科に合格でき,後1点で大学に落ちていた」という稀な結果によって,進学しています。当時は,このTopsの先生に大変お世話になり,そのおかげで合格することができたので,自分も同じように生徒の進路の手助けをしたいという気持ちからここで指導をさせて頂いています。自分の受験の結果から,「一問の重み」というのを人よりは感じていますし,またそれを生徒達へも伝えていけるような授業を展開するべく日々励んでいます。
安井潤先生
安井潤先生
出身校:神戸大学 経済学部 / 同大学院
「地に根を張った数学をしなさい。」それが大学院時代の私の恩師の口癖でした。先生は、「本当にきちんと理解していたら、誰にでも分かりやすく説明できるはずだ」とよく仰いました。定理や公式も単に丸暗記するのでなく、せめて一度は、論理をたどってその成立を実感してください。定理や公式の証明手法は、受験テクニックの宝庫でもありますし、一見複雑に見える問題も、その実、いくつかの基本的な内容に分解することができます。数学を学ぶこととは、論理的にものごとを考えることや、ものごとを筋道立ててわかりやすく表現することを学ぶことでもあります。
学生時代のアルバイトに始まり、某大手塾校長などを経て、気づけば20年余り塾業界に身をおき、様々な志望をもつたくさんの生徒達を指導してきました。一番大切にしているのは、問題を解く中で、思考の回路を最短コースで生徒の頭の中に組み込んでいく配線工を自認しております。すべてにおいて発想の根源から教えることをモットーにしております。
北川 卓先生
北川 卓先生
出身校: 京都大学 経済学部

数学は知識をインプットするだけではなかなか点に結びつかない教科です。解説を聞いて理解するだけでは自力で問題を解けるようになりません。「なぜそのように解くのか」、「そのように解くに至るきっかけは何なのか」に重点を置き、自力で問題が解けるようになる思考回路づくりを大切にして授業をしています。

Profile 滋賀県の公立高校から一浪して京都大学へ進学。卒業後、ガラス作家養成学校を経てTOPSへ入社。「ガラスが吹ける数学講師」の道を歩んでいる。医学部受験、浪人、文転、専門学校進学など多少紆余曲折してきた経験を生かして、どんな人でも受けとめていきたいと考えている。

實松 邦智先生
實松 邦智先生
出身校: 茨城大学 理学部

ぼくが大切にしていることは、『いかにわかりやすく教えられるか。』を常に意識することです。また『常に変化をもたらし自分にも生徒にも刺激になる授業をすること。』も意識しています。 地元の九州で塾講師を4年やっていましたが、そこで多くの受験生を担当していました。数々の生徒が大学に無事進学できたのですが、その生徒さんと久々に会った時に「あの時は本当にお世話になりました。今こうやって大学に行けているのは先生のおかげです。」と言われたときにこの仕事をやっていてよかったな。と思いました。

Profile 九州出身なので少し方言も出てきます。とにかくわかりやすく(時には厳しく)授業をしていくのが僕のスタンスです。数学の本質や問題の背景など授業で少しずつ出していくので理解してくれると幸いです。

井上 宥二先生
井上 宥二先生
出身校: 京都大学 総合人間学部

私が授業をするのに当たって大切にしていることは、「思考する力をつける」ことです。大学受験という舞台では、理屈を抜きにしてただただパターンを暗記し、それをいかに再現できるかが一番大切である、という意見もあるでしょう。しかし、それでは面白くないですよね。理屈の無い文字や数式の羅列を覚えることが勉強ではないはずです。例えば1つの公式、定理を取り上げても、その根底にはちゃんとした理論が存在するのです。それらを少しでも噛み砕いてわかりやすく皆さんに伝え、合格の一助になるように取り組むのが私の使命だと思って、日々精進しています。塾講師をしていて最も達成感を感じる瞬間は、どうしても分からなかった問題が解決できた時や、志望校合格を報告しに来た時の、生徒の素晴らしい表情を見たときです。そのまるで光り輝くような顔つきは、私が塾講師として頑張り続ける原動力の一つになっています。皆さんがそのような顔つきをして、第一志望校に合格し、ともに喜びあう日が来ることを、心から願っています。

Profile 高3の夏休みまで山岳部で登山に熱中し、その後必死に受験勉強に励み、現役で京都大学に合格。大学時代は公共政策学の研究の傍ら、塾講師のアルバイトに精を出す。論理的思考が大好きであり(理屈っぽいとも言う)、数学の美しさに引かれ、数学科講師に。思考・論理を伴うものにはなんでも興味を持ち、英語、国語などの文系科目も得意。趣味のテレビゲームでも、攻略法をじっくり考えることに至高の喜びを感じる。

石井田 啓太先生
石井田 啓太先生
出身校: 京都教育大学 教育学部

私が数学を指導する上で最も大切にしていることは、『生徒が自分で考えること』です。今日、多くの生徒さんが解法のパターンを覚えるだけの暗記数学に頼っている傾向が見られます。確かに、暗記数学でもある程度は点数が取れるのが受験数学の現状です。しかし、それでは真の意味での数学の力はつきません。授業中に「なぜこうなるのか?」という問いを多く投げかけることによって、生徒が自分自身で考え、学ぶ力を身につけていくことが合格への近道だと考えています。厳しい経験は、それがどんな経験であれ人を成長させます。皆さんは受験勉強をするという決断をされたのですから、それを中途半端な経験にするのはもったいないです。また、同じような経験でも、自分の意志で行ったのかどうかでその価値は大きく変わるでしょう。志望校に合格することで描ける人生プランをしっかり持って、自らの意志と努力で合格を勝ち取りましょう。そのためにできるサポートは全てします。

Profile 高校時代は最後の夏まで野球に打ち込んだ超体育会系だったが、大学で運動することを放棄した結果、今ではアニメを見ながら餃子を包む毎日を送っている。教育大学に入学・卒業しただけあって、教科指導のみならず「教育とは何か」ということを常に考えているので良き父親になるハズだが、嫁がいない。 好きな餃子はシソ餃子。レンコンを入れると食感がよくなり、食べごたえもあるのでおススメ。みなさん、宇都宮に行きましょう。