学習システム

学習システム

「超」がつくほどの難関である医学部入試において求められる高いレベルの「思考力」と「知識」。その両方を身につけてもらうための最高のシステム
それが Medical Perfect Educationです。
他では決して真似のできないその4つの特徴をご紹介します。

オーダーメイドカリキュラム

MPEのカリキュラムは全てオーダーメード。
ベースとなるのはTopsが27年間積み重ねてきた各科目のカリキュラムですが、PEでは生徒さん一人ひとりの実力・理解力・試験本番までの日数などを考慮し、最高の結果を導き出すよう作り変えていきます。

授業システム

MPEは講師が生徒の前に立つ、集団授業と同じスタイルで行われます。
講師は生徒の表情をつぶさに観察し、本当に理解できているのかを瞬時に判断することができます。生徒にとっても講師にとっても逃げることができない、真剣勝負の場です。

ブラッシュアップシート

MPEでは、講師は黒板に貼ったA3の紙に板書を行っていきますが、原則として生徒が授業中にノートを取ることはありません。
それは限りある授業時間を最大限利用するためなのです。授業中は講師の説明を聞き質問に対する答えを考え、思考力を鍛えることに全力を注いでもらいます。そして授業後、板書の書いてあるA3の紙(これをブラッシュアップシートと呼んでいます)を講師から受け取り、復習の一環としてこれをノートに写していくのです。その過程で、もう一度授業の内容を確認・整理し、そして暗記していくわけです。

復習テスト

Topsでは「復習」に重きを置いています。それは、高得点を安定して取るためには確固たる知識の蓄積がなくてはならないからです。
授業を聞いて理解できても、その知識や考え方をしっかり自分のものにしなければ、テストで点は絶対に取れません。
だからTopsでは「復習=暗記」の過程を重視し、それを徹底するため毎回の授業で必ず復習テストを行っています。この5分ほどのテストの積み重ねが、正しい学習習慣と知識の形成につながるのです。

コース紹介

高卒生科

現役生科

年間スケジュール

  • プレ春期開講

    入塾が決まれば、早速オーダーメイドカリキュラムを作成してプレ春期講座が始まります。
    受験までの時間は1日も無駄にしません。
  • 前期開講

    ひとりひとりに合わせて作成したカリキュラムにそって、前期講義が始まります。
    前期はとにかく基礎力をつけること。本当に弱い科目はいくらでも初歩から学べます。
  • 三者面談

    生徒本人と保護者様、担当講師で日頃の状況と学習の進捗状況をお話させていただきます。
  • 夏期講習

    前期の学習状況に応じて、夏期は特別スケジュールを組んで、
    ここまでの学習で足りなかった部分などを補強していきます。
  • 後期開講

    ここまでの状況を分析した上で、後期の講義内容・カリキュラムを決定します。
    試験本番で使える実践力をつけるべく学習量を増やします。
  • 全国模試シーズン開始

  • 個人面談月間

  • 冬期講習/直前講習

    最後の調整に当たるこの時期は、弱点科目と二次対策を中心にカリキュラムを組みます。
    各人の受験スケジュールに合わせてベストな指導を行います。
  • 大学入試本番

    いよいよ本番。入試会場が遠方の場合や、複数校を受験することが多い医大受験は、
    モチベーションと体調管理が肝要。Topsはそんな受験生の不安な心をしっかり支えます。