合格者インタビュー

清家塾長が小笹 悟(京都府立医科大学)くんと佐藤 詠里子(大阪医科大学)さんに直撃!
  • Tops医専 塾長
    清家 二郎

  • 京都府立医科大学 医学部
    小笹 悟くん

  • 大阪医科大学 医学部
    佐藤 詠里子さん

Tops医専塾長 清家二郎
今年も多くの生徒さんが頑張ってくれた結果、医学部合格者を多数出すことができました。 さまざまな生徒さんにじっくりと話を聞きたいところなのですが、今年は現役代表で小笹くん、浪人代表で佐野さんに来てもらいました。 まずは合格おめでとうございます。
ありがとうございます。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
ありがとうございます。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
このインタビューを読んでくださる医学部志望者の方たちに、合格のヒントとなるようなことをお二人から聞き出せればと思います。 小笹君は学校推薦で京都府立医学大学に合格されました。あまり知らない方もおられるかもしれないので推薦入試のことをかんたんに説明してくれませんか?
はい。学校の評定4.3以上あったら府立医大に推薦してもらえて、あと面接とセンター試験の点数で合否が決まる、というものですね。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
Tops医専塾長 清家二郎
その制度はいつから意識してたの?
高1から意識してました。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
Tops医専塾長 清家二郎
でも意識したからと言って、学校の成績を維持するのはかんたんなことではないでしょう? 特に小笹君はクラブ(バスケ部)もやってて、それもキャプテンとして高3の最後の大会まで頑張っていたものね?
もちろんたいへんだったところもありますが、絶対に医学部に行きたかったし、受験のチャンスを少しでも増やしたいという気持ちで頑張りました。 TOPSの先生にも早くから僕の希望を伝えていましたから、いろいろ協力してもらいました。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
Tops医専塾長 清家二郎
推薦入試だから絶対に合格できるというわけでもないから、一般で合格することも想定して指導したよね。
はい。TOPSの先生方には「仮に一般試験になっても合格できるから自信を持て」と言ってもらい、すごく励みになりました。 いろいろ細かく対応してもらって、母もすごく感謝してました。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
Tops医専塾長 清家二郎
それはうれしい話ですね。
Tops医専塾長 清家二郎
さて佐野さんも素晴らしい受験結果でしたね。私立医学部を9校受験し、8勝1敗。 唯一不合格だった大阪医科大学も結局後期で合格されましたから、事実上全勝と言ってもいいくらいですよ。 よくこんなことができたね。
TOPSに来た時は普通以下の成績だったと思いますが、最終的には偏差値が20近く上がりました。 自分でもびっくりしています。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
TOPSのどこがよかったですか?
「今まで分からなかったことが分かる」楽しさ
授業が楽しかったことだと思います。授業っていうか、TOPSに来ること自体が楽しかったです。朝から晩まで勉強するのって、普通すごくたいへんじゃないですか。 でも私は先生方の授業で「今まで分からなかったことが分かる」っていうのがすごく楽しかったし、先生や他の生徒さんともなかよくなれたし、 TOPSに通うのが好きでした。そこがよかったと思います。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
それは僕も感じていました。先生との壁がないっていうか、質問とかもしやすかったし。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
そうそう。直接習っていない先生もよく声をかけてくれたし、人間味があるというか、あったかい雰囲気のある塾だと思いました。 厳しいところは厳しいけど(笑)。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
1年間勉強する中では、そりゃ成績が上がらなくて悩む時もあるし、イライラすることもあるし、不安にもなるし、精神的に不安定になって当然なんですよ。 そういうところも含めてケアするのがいい塾だと僕は思うし、だから生徒さんが途中でやめることもほとんどなく、みんな頑張っていい結果を出してくれるんですよ。
あと、私の弱点を分かったうえで「あれしよう、これをするべき」ってアドバイスとかやるべき課題を指示してもらったので、 「これをやっていれば大丈夫」って思えました。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
そう。TOPSは「プランニング」を大切にしているので、生徒さん一人ひとりのことを考えて各科目の指導内容を決めているからね。 あとで会議で「この生徒は英語ばかり勉強し過ぎだから、英語を減らして数学の勉強量を増やしましょう」とか、各科目の先生方が、 「その生徒の合格率」を最優先に考えて協力していくんですよね。これは他の予備校では、なかなかできないことじゃないかな。
そうなんですか!知らなかった!
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
最後にお二人から、これから受験を迎える医学部志望者の皆さんにアドバイスはありますか?
自分一人で溜め込まないことですね。不安に思ったり、自信を失った時は、とにかく周囲の人にそれを話すのが一番だと思います。 僕の場合は話を聞いてもらうだけでも、ずいぶん気持ちが楽になりました。受験は自分との戦いですが、それは一人で戦うんじゃないんだなって今は思っています。
京都府立医科大学 医学部 小笹 悟くん
私はTOPSで浪人をして本当によかったと思っているんですが、それはTOPSの環境が私に合っていたからだと思うんです。 だから、これから浪人をすることになった人たちには「自分で納得できる予備校を探す」ことを伝えたいです。
大阪医科大学 医学部 佐藤 詠里子さん
Tops医専塾長 清家二郎
お二人とも実感のこもったアドバイスをありがとうございます。
これから学業に励み、立派なお医者さんになって下さいね。
Topsを選んで正解でした!