合格者インタビュー

堀茜衣さんとKくんに直撃!
  • 関西医科大
    堀 茜衣さん

  • 京都府立医科大
    Kくん

司会
本日はお忙しい中、集まって頂いてありがとうございます。
お二人は私立・国公立の違いはありますが、超難関の医学部受験を突破されました。その秘訣は何だったのでしょうか?
そもそも私は医学部志望じゃなかったんです。
高3の秋にTop'sに通い始めたのですが、そのときは歯学部志望でした。でも成績がそんなに良くなかったから歯学部も受かるとは思ってなかったんです。
だけど、Top'sの授業を受けるうちにすごく成績が伸びて、歯学部には合格できたんです。
もちろんそこで歯学部に行くという選択肢もあったんですけど、そこで「もしかしたら憧れてた医学部に合格できるんじゃないか」って思えたんですね。Top'sでの指導を信用して、医学部受験にかけてみようって。
そこで、両親と話をしてTop'sで浪人をすることにしました。
でも、順調な浪人生活じゃありませんでした。思うように成績が上がらないときもあったし、気分が落ち込んで泣いたこともありました。そんなとき、先生方からの励ましもあってあきらめず勉強を継続できたからこそ、関西医科大学に合格できたんだと思います。
だから、「医学部合格の秘訣は何か?」って聞かれると、「医学部に行きたいっていう夢をあきらめないこと、努力を継続すること」っていうのが私の答えです。
関西医科大 堀茜衣さん
それは僕もいっしょですよ。僕は中1から高3の夏まで野球を続けました。
Top'sには中2から通い始めましたが、特に高校になってからはクラブが忙しく、塾で勉強できる科目も時間的に限られていたので、塾の先生と相談して「これだけは絶対必要」っていうカリキュラムを組んでもらってたんですね。でも、どうしても時間は足りないわけで、全ての時間を勉強に向けられるようになったのはクラブが終わった8月でした。でも、勉強だけの生活は思ったよりしんどくて(笑)、何度も挫折しそうになりました。別に浪人でもいいやって。でもTop'sの先生はそんな僕の状態をよく分かってくれていて、励ましてくれたり、宿題の量を一時的に減らしてくれたりしたんです。
今から思うと、すごくうまくバランスを取ってくれてたと思います。
「こいつには今、どんなことが必要か」っていうことを勉強の面だけじゃなく、精神的な面までちゃんとケアしてもらったことが合格につながったと思います。
京都府立医科大 Kくん
Top'sの先生って、本当によく生徒のこと見てるよね。恐いくらいに(笑)。
関西医科大 堀茜衣さん
司会
今、医学部合格を目指している人たちに何かアドバイスはありますか?
どの科目も基礎的な知識がまずは重要だと思います。
私立大の医学部って色んな傾向の問題が出ますが、わたしはTop'sでみっちり基礎を叩き込んでもらったから、ある程度どんな問題でも対応できたと思います。
関西医科大 堀茜衣さん
僕は、信頼できる先生を見つけて、その先生の言うことを素直に聞くことが大切だと思います。
当たり前だけど、僕が大学受験をするのは始めての経験だったので分からないことだらけなんですよね。
そんなとき、信頼できるプロの先生が傍にいてくれるのは、すごく安心できました。
その意味では、Top'sに通えてラッキーだったなと。
京都府立医科大 Kくん
司会
ありがとうございました。お二人とも学業を頑張って下さい。
立派な医師として社会に貢献されることを期待していますよ。