京都医塾

電話でのお問い合わせ
0120-546-747
営業時間 9:00-22:00(年中無休)
徹底した分析
合格までのプランニングをするためには、まずは生徒さんひとり一人を徹底的に分析し、合格までの距離を知ることから始まります。合格に必要な知識量は決まっていますが、生徒さんのポテンシャルとスタートラインはひとりひとり違います。各教科の現在の学力・知識量・能力をヒアリング・アチーブメントテスト・体験授業で分析し、合格までの正確な距離をはかり、最適なカリキュラムを作成します。

生徒一人一人の苦手・悩みを分析
ヒアリング

京都医塾に入塾テストはありません。「医学部に合格したい」思いをお持ちの人ならどんな学力からでもスタートできます。入塾説明では、生徒さんの現状の問題や悩み、成績推移だけでなく、これまでの学習歴まで遡り保護者様とともに、どのような学習をされてきたかをお聞きし、何が問題でどこから学習がうまくいっていないのかを分析いたします。

学習能力到達度チェック
入塾時のアチーブメントテストと年5回の実力テスト

入塾時のアチーブメントテストは、一般的な模擬試験や入試問題を想定した実力テストではなく、京都医塾オリジナルの達成度をはかるものです。教科ごとにどこまで理解しているか?学習を始める際にどの単元、どのレベルまで戻って学習しないといけないかを分析するためのものです。学習を始めてからは、毎週の日曜テスト、年5回の実力テストや入試演習会で、学力の推移と教科の習熟を管理します。

授業による分析
授業をしなければ正確な分析はできない

入塾時の体験授業では、あなたのポテンシャルや習熟度を実際に授業をしてはかります。過去に受験した模擬試験やアチーブメントテストの成績を見ただけでは、十分な分析ができないと私たちは考えます。同時に、適切な分析をするためには、講師の高い能力・経験・各教科と入試問題への深い理解が必要です。そして入塾後も随時、授業の中で学習の進捗や知識の量、解答スピードを確認し続け、その結果をカリキュラムに反映していきます。

デザインする
カリキュラム
徹底的な分析の結果、合格のためのカリキュラムを作成します。完全1対1個人授業と少人数集団授業のバランス、どの時期に何をどこまで学習するのか、ひとり一人教科ごとに全く異なるオーダーメイドのカリキュラムをプランニングします。しかし、1度作ったカリキュラムをただこなしていけば良いわけではなく、模擬試験・実力テスト・カウンセリングや三者面談ごとに進捗を管理しながらどんどん変更していきます。

生徒の細かい変化を見逃さない
週1回のカウンセリング

生徒一人ひとりに担任と副担任の社員講師がつき、勉強面だけでなく、精神的なフォローや毎日の生活まで相談できます。担任は週に一度カウンセリングを行い、生徒の細かい変化も見逃しません。またこのカウンセリング結果は、担当者会議や各教科ごとの会議でも共有され、カリキュラムに無理は生じていないか、科目間のバランスに問題ないか、常に管理し、随時カリキュラムや日々の課題量、学習量に反映させていきます。

進捗の分析結果をもとに
カリキュラムを柔軟に変更

決められたカリキュラムをただ進めるのではなく、カウンセリングや担当者会議によって、学期の途中であっても現在の状況や進捗に応じたカリキュラムを柔軟に変更していきます。

個人課題をみつける
担当者会議で進捗を管理

私たちの最大の強みは、生徒1人に対して各教科のプロ講師12人がチームとなって合格に導くことです。講師一人一人が違う指導法を取るのではなく、指導方針を統一、共有し、また各科目のバランスを考えてその生徒に今どの科目を重点的に指導するべきかなど、講師全員が意思統一をした上で授業を行います。例えば月に3度の教科別会議と別に、月に一度各教科の担当が集まり生徒一人一人についてじっくりと話し合っています。

いつでも
そばにいる講師
70名以上の社員講師が控える講師室は、同じ高卒生専用校舎(本社ビル)にあります。いつでもすぐに質問もでき、長い受験生活の中で、不安に襲われ辛い時、逃げ出したくなる時も、合格への熱い思いをもつ講師が常に横にいてサポートします。また、京都医塾の講師は『全員で生徒を合格に導く』ことを信条にしていますので、常に同じ生徒を担当している講師全員が、その子の成績から日々のご様子までの情報を共有し、適切なバランスを取りながら指導していきます。

生徒一人に二人体制
担任と副担任

生徒ひとりに2名の社員講師が担任・副担任を担当します。週に一度のカウンセリングで学習の進捗や悩みをお聞きするだけでなく、頻繁にコミュニケーションをとることで、生徒の日々の学習の様子に加え、生活リズム、特に起床と就寝時間、食事を適切に摂っているかなどを常に把握しています。

進捗の分析結果をもとに
いつでも講師に質問できる

さらに京都医塾の講師は原則すべて社員ですから、他の予備校・塾のように指導を終えたら帰ってしまうということもありません。生徒はいつでも質問ができますし、また講師も生徒の様子をこまめにチェックすることができるのです。

節目に合わせて習熟度を振り返る
年5回の三者面談

保護者様には、節目ごとに学習進捗報告書や三者面談により、常にお子様の状況をお知らせいたします。面談では、模試などの偏差値推移だけでなく、各教科の得手不得手や体力までを考慮して、受験校の決定のお手伝いをいたします。また、三者面談の時期でなくても、保護者様がお子様に関してご不安なことがあったり、学習状況をお知りになりたいときは、いつでも電話等でご相談ください。保護者様にも安心して通わせていただけるように万全のサポートをお約束します。

勉強と1年間
向かい合う生活
長い受験生活を一人で戦い抜くのは大変です。日々、勉強と向い合うこの1年間の生活。時には辛くなったり、逃げ出したくなったりすることもあるでしょう。京都医塾では、そんな生徒、そして保護者さまのサポートも万全です。

起床・就寝などをコントロール
生活リズムの徹底

朝をきちんと迎えていただくために、毎朝の点呼を行います。お子様が校舎に入退する時には、保護者様にメールで通知いたします。また、朝に来られていなければすぐさまご連絡」して、お子様の様子を確認します。充実した一日を送るためには、朝早くから活動することが重要です。京都医塾の高卒本科では、原則6時起床、0時就寝を推奨し、学習時間を確保しつつ、1年間最後まで集中力を切らず走り抜ける生活習慣を管理します。

勉強に向かい合うためだけの環境
勉強だけに集中できる環境

受験生活をどのような環境で過ごすかは、成績の伸び、ひいては合格に大きな影響を与えます。
京都医塾では、高卒生専用のフロアを設け、ひとりに一つ十分な広さと収容力を兼ね備えた個人ブースをご用意しています。そこで朝8時から退出するまで個人授業や課題学習、自習を行うことができます。教材などを移動する必要もなく、勉強だけに集中できる環境です。何より居並ぶ個人ブースを毎日見ることで、互いの刺激になり、「絶対に負けないぞ」という気持ちが芽生えてくると好評です。

県外からでも困らない食事付き
提携施設のご紹介

京都医塾の高卒生科では、関東や九州をはじめ遠方にお住いの方もたくさん入塾されています。入塾されるにあたり、本校では親元を離れ京都での一人暮らしをされる入塾者の皆様に対し、安心いただける住まいの提供が出来るよう提携マンションのご紹介・ご案内を行っております。
食事が提供される学生マンションや女性専用マンションも多く、親御様も安心してお子様を通わせていただけるお部屋のご紹介をさせていただきます。

電話でのお問い合わせ 0120-546-747 営業時間 9:00-22:00(年中無休)