保護者の皆絵へ 塾長からのメッセージ 2016

京都医塾/京都医塾京都 塾長よりご挨拶

京都医塾の塾長 清家二郎と申します。
将来、医療に携わりたい。いのちを救う現場で働きたい。
そんな若者の希望の力になりたいという想いから、医学部受験一筋で指導を行っています。
現役・高卒を問わず生徒さんをお預かりしていますが、私たちのこだわりは「入塾テスト」を一切実施していないことです。
たとえ勉強が苦手でも、医学部合格という一途な信念を持つ人なら、その夢を共に叶えたい。そう思うからです。
部活動が忙しく勉強の時間が取れなかった人や、偏差値35のレベルから1年間で医学部合格を勝ち取った人、他塾で二浪しても結果が出せなかったものの京都医塾で夢を実現した人、中学から京都医塾に通い京大医学部へ現役合格した人など、さまざまな経歴を持った生徒さんたちを医学合格に導いてきました。

これは「生徒を一人にしない。決して目をそらせることなく、真正面から向き合う」というモットーを貫いた結果です。
夢叶わず、再度挑戦を決めた人。現役生として、運命の年を迎えた人。
受験は、自分の力で乗り越えなければならない人生最初の山場ですが、もしも今、心細い思いをしているのなら、どうか頼ってほしい。
焦り、不安、孤独、全ての本音をぶつけてほしい。そう思います。
あなたは、一人ぼっちで生きているのではないのですから。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

京都医塾塾長